スポンサーサイト

2013.07.08 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Aクラス 新型 価格

    2013.07.08 Monday

    0
       メルセデス・ベンツといえば昔から日本人にとっては高級外車の代名詞的な車でした。
      外国産車が道路にあふれている現在でも、その地位は確固たるものとなっており、ドイツ車といえばベンツというのが定番となっています。

      一言でベンツといっても、いろいろな種類があり、Cクラス、Eクラス、Sクラスなど様々なスタイル様々な車格を持った車を作っています。
      そのさまざまな車種の中で一番小さな車となるのがAクラスで、簡単に言ってしまえば中型の5ドアハッチバック車です。



      この車は当初、電気自動車や燃料電池車を使った車に用いるために作られたもので、特殊な構造のフレームを持っていました。
      しかし、肝心なEVや燃料技術が遅れており実現できなかったことから、通常のエンジン搭載車用に使われることとなったのです。

      Aクラスといえば、横転の危険があるといわれたのが有名ですが、それは事実で全高の割にトレッドが狭いことが理由となっていました。
      その後、サスペンションのセッティングやタイヤをローグレード化したことで回避しましたが今でもその逸話は言い伝えられています。
      そして2004年にフルモデルチェンジされ、更に2013年の1月に新型Aクラスとして販売されるようになりましたが、年々価格が上がっており、一般庶民がおいそれとは買えない車となっています。